BCP(事業継続計画)

予期せぬ災害や問題で事業の継続を危うくするような事態を避けるために、事前に想定されるリスクを抽出し、そのリスクの防止、防衛、低減を図ることで事業継続、さらにお客さまへのリスクを緩和するとともに短期間での事業回復をいたします。

  • いかなる災害に被災しても事業の復旧を優先させ、お客さまおよび地域の要求に応えます。
  • 何かの事象(災害、予期せぬこと)が起こる前に、中核事業に大きな影響を与えるリスクへの予測とその予防および復旧計画を立て、防災訓練、BCP訓練を通してその実践を活かします。
  • 平常時において、緊急事態や災害時に実践する活動計画を明確にして従業員へ訓練して備えます。

また、災害時の従業員の安否確認はBCPの取り組みとしての最優先項目です。平田機工は、この安否確認を迅速かつ効率的に行うために、安否確認システムを導入しています。
これにより、社外や遠隔地からでも安否確認のメール配信および集計結果を確認することができます。なお、従業員が迅速に対応できるよう、定期的にテスト配信による訓練を実施しています。また、企業は公共性、公益性、社会性を担った存在であるという立場から、すべてのステークホルダーと良好な関係を保っていくことが、株主利益の向上につながると考えています。

BCP発動フロー