BCP(事業継続計画)

BCP基本方針

予期せぬ災害や問題で事業の継続を危うくするような事態を避けるために、事前に想定されるリスクを抽出し、そのリスクの防止、防衛、低減を図ることで事業を継続し、緊急事態に短期間で事業を回復する。

  • 従業員と家族の人命および安全を最優先する。
  • 顧客の事業への影響を最小化する。
  • ステークホルダーに貢献する。

BCPの取り組みを定期的に見直し、継続的改善を図る。

BCP発動フロー

新型コロナウイルス感染症への対応について

当社ではBCP上の重要事項として、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、さまざまな対策を講じて、従業員やその家族、地域住民の方々の安全確保に努めております。

■出張に関する制限・出入国の対応

お客さまの要請には適切に応えながら、国内に関しては感染拡大地域への出張を制限し、海外については外務省の最新情報を把握の上、出張承認の厳格化などの対応を致しております。

■家族に関する事項

同居家族が濃厚接触者となった場合、社員は出社せず、速やかに自部署の BCP 推進委員に報告することとしています。また、感染拡大防止のため、検査結果が判明するまでは外出を控え、自宅待機(在宅勤務もしくは特別休暇)をお願いしています。

■感染・拡散防止対策

手洗い・うがい・マスク着用等の日常的な予防策に加え、接触確認アプリCOCOAのインストール推奨、会議・社外での集会・会食等の制限、社内行事の中止・延期、執務エリアや会議室等への飛沫防止パネル設置、換気扇の常時稼働、テレワークの実施、社員食堂の座席を一方向に定める、来訪者の検温、部署ごとの定期的な消毒などを行っております。

 

上記事項の詳細につきましては、当社イントラネット上の特設サイトに項目ごとに整理して掲載し、従業員がいつでも参照できるようにしています。

国内事業所における新型コロナウイルス感染状況

会社名: 弊社子会社の協力会社

勤務場所:熊本県熊本市北区 

感染者数:2名

感染判明日:1月7日

社内の濃厚接触者(保健所判断):なし

 

感染拡大防止のため、本日時点で以下の対応をしております。

・協力会社様の4名の濃厚接触者は自宅待機

上記を含む国内事業所における2020年年初からの累計感染者数(子会社および常駐の協力会社社員を含む) 

合計 16名