沿革

1951年12月 (昭和26年) 産業用車輌の製造及び販売を目的として熊本県熊本市に平田車輌工業株式会社を資本金100万円で設立
1957年10月 (昭和32年) 熊本県熊本市に大江工場(熊本工場に統合)を設置
1958年  8月 (昭和33年) 農業用トレーラーの製造を開始
1959年12月 (昭和34年) ベルトコンベヤ、スラットコンベヤの製造を開始
1964年  5月 (昭和39年) 弊社初のテレビ組立ラインを納入
1964年  7月 (昭和39年) 熊本県鹿本郡植木町(現熊本市)に植木工場(現熊本工場)を設置
1968年  8月 (昭和43年) 栃木県宇都宮市に関東工場を設置
1970年10月 (昭和45年) 新開発チェーンによるフリーフロー方式コンベヤの製造を開始
1974年  8月 (昭和49年) 平田機工商事株式会社、大平コンベヤー株式会社と合併し、商号を平田機工株式会社とする
1977年12月 (昭和52年) 直交座標型ロボットNC制御XYテーブル「マシンベース」を開発
1979年  6月 (昭和54年) 自動車メーカーから最初のミッション組立ラインを受注
1980年  2月 (昭和55年) アメリカ合衆国インディアナ州に子会社 Hirata Corporation of America を設立(現連結子会社)
1980年  7月 (昭和55年) 水平多関節型4軸ロボット「アームベース AR-300」を開発
翌年、 世界に先がけて販売を開始
1981年  3月 (昭和56年) 滋賀県野洲市に関西工場を設置
東京都品川区に本社移転、旧本社を熊本本部とする(2016年6月、本社を熊本に再移転)
1984年  4月 (昭和59年) 熊本県熊本市にロボット工場(現在の楠野工場)を設置
1986年  3月 (昭和61年) 熊本県熊本市にタイヘイコンピュータ(2011年5月商号改め、株式会社トリニティ)を設立(現連結子会社)
1988年  1月 (昭和63年) ダイレクトドライブ方式ロボット「AR-DD2700」が日経産業新聞賞受賞
1988年11月 (昭和63年) 熊本県鹿本郡植木町(現熊本市)に熊本東工場を設置
1991年  1月 (平成3年) シンガポールに子会社 Hirata FA Engineering (S) PTE.Ltd. を設立(現連結子会社)
1992年  2月 (平成4年) 太平興産株式会社(2008年4月商号改め、タイヘイテクノス株式会社)を子会社とする(現連結子会社)
1993年11月 (平成5年) ドイツに子会社 Hirata Robotics GmbH(2011年7月商号改め、Hirata Engineering Europe GmbH)を設立(現連結子会社)
1994年  4月 (平成6年) クリーンルーム内搬送用ロボット「AR-K」シリーズを開発
1999年  4月 (平成11年) 内部経営管理体制として事業部制を導入
1999年  5月 (平成11年) 熊本県鹿本郡植木町(現熊本市)に子会社ヒラタ工営株式会社(2007年2月商号改め、ヒラタフィールドエンジニアリング株式会社)を設立(現連結子会社)
1999年  8月 (平成11年) 中国に子会社上海平田机械工程有限公司(2009年12月商号改め、平田机械設備销售(上海)有限公司)を設立(現連結子会社)
2000年  5月 (平成12年) メキシコに子会社 Hirata Engineering S.A.de C.V. を設立(現連結子会社)
2001年10月 (平成13年) FPD用レジスト塗布装置「ヘッドコーター」を開発
2001年12月 (平成13年) アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトにHirata Corporation of Americaのデトロイトオフィスを設置
2003年  2月 (平成15年) ISO14001認証を取得
2003年  4月 (平成15年) ISO9001認証を取得
2004年  8月 (平成16年) タイにHirata Engineering (Thailand) Co., Ltd. を設立(現連結子会社)
2006年10月 (平成18年) 中国に平田机工自動化設備(上海)有限公司を設立(現連結子会社)
2006年12月 (平成18年) 台湾に台湾平田機工股份有限公司を設立(現連結子会社)
2006年12月 (平成18年) JASDAQ 証券取引所(現東京証券取引所 JASDAQ市場)に上場(証券コード6258)
2007年  5月 (平成19年) 第10世代ガラス基板搬送ロボットを開発
2008年  1月 (平成20年) FPD関連生産設備の生産スペース拡大のために熊本県菊池市に七城工場を設置
2008年11月 (平成20年) 太陽電池製造装置市場へ参入
2009年11月 (平成21年) 450mmウェーハ対応搬送システム EFEMを開発
2011年  9月 (平成23年) 新型FOUPオープナおよびウェーハ搬送ロボットを開発
2012年  3月 (平成24年) 新型水平多関節ロボットおよび直交小型ロボットなどを開発
2012年  5月 (平成24年) 太陽光発電プロジェクト開始し、10月から発電スタート
2012年12月 (平成24年) マレーシアにHirata FA Engineering(M)Sdn. Bhd.を設立(現連結子会社)
2014年  7月 (平成26年) インドネシアにPT. Hirata Engineering Indonesiaを設立(現連結子会社)
2014年  8月 (平成26年) 熊本県合志市に株式会社KOYAを設立(現連結子会社)
2016年  6月 (平成28年) 熊本県熊本市に本社を移転
2017年  6月 (平成29年) 東京証券取引所市場第一部に市場変更

会社情報

  • 会社情報トップ
  • 会社概要

  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 経営理念
  • 沿革
  • セレクション
  • 国内事業所
  • グループ会社
  • 主要取引先
  • 中期経営計画[PDF]
  • CSR

  • CSR基本方針
  • コンプライアンス憲章
  • コーポレート・ガバナンス
  • グローバル人事ポリシー
  • 環境への取り組み
  • 社会貢献への取り組み
  • BCP(事業継続計画)
  • バナーHirataはこんな会社です
  • 製品・技術のうつりかわり
  • ものづくりライブラリー 製品動画
  • ものづくりライブラリー 製品カタログ
  • セレクション