技術開発

入社理由を教えてください。

地元熊本でロボット開発に携わり、開発したモノが世の中に溢れる新製品を作ることを夢見て、Hirataに入社しました。
学生時代はロボコンに打ち込み、夢中になってロボットづくりに取り組んでいました。私が手掛けたロボットを見て喜んでいる方々を見た時に、非常に大きな喜びを感じたことを今でも覚えています。社会人になってもこの気持ちを忘れずに、感動を与えられるモノを作っていきたい、Hirataではそれが叶えられると思い入社を決めました。

現在の仕事内容は何ですか?

私の部署では、コントローラ、ロボットアーム、制御ソフト、シミュレータといったロボット基盤技術と、その応用製品を開発しています。私はその中でもロボットアームの開発に携わっています。開発しているロボットアームは、動作に応じて筐体や関節に複雑な力が作用します。また振動や温度等、様々な分野に目を向けて、厳しい目標スペックを達成する必要があります。ロボットア―ムの開発は大変難しいですが、現象を理解し、それを設計に反映させ、形となったときの喜びは非常に大きいです。

成長を実感したエピソードを教えてください。

先輩方が作り上げたHirataの製品に関する設計意図を理解し、そこで得た知識を現在開発しているロボットに応用することができたときに成長を実感しました。研修の際に、直交ロボットや生産設備の製造を経験しました。その際に、学生時代に作ってきたモノとHirataの製品をよく比較していたのですが、機械部品の使い方やネジ1本の締め方も大きく異なり、自分の未熟さを痛感しました。今でも、現場に行ってモノを見て考えることを大事にしています。

これからチャレンジしていきたいことは何ですか?

Hirataロボットブランドの確立に貢献したいと思っています。Hirataはこれまで、ロボットを活用したアプリケーションとして、あらゆる分野の生産システムを作ってきた経験があります。また、私自身もロボコン・研究等を通して学んだことや、様々なアイデアを日々考え続けてきた経験があります。自分の能力を発展させ、生産システムの設計者や現場の方々の技術を集約することで、生産設備メーカーだからこそ作れるHirataのロボットを世界に発信していきたいです。

※各社員の所属、インタビューの内容などは取材当時のものです。