社長メッセージ

株主・投資家の皆様には平素より温かいご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

過去最高となる売上高を計上しました2018年3月期につきましては、高い生産量に対応するために、積極的な負荷調整をおこない生産リソースの最適な配分による内製化率の拡大や、サプライチェーン全体のさらなる効率化を進めるなど生産体制の強化とコスト低減を図ってまいりました。また、海外子会社との連携により、国内、アジア、北米地域を中心とした既存の市場に加え、欧州市場の開拓などグローバルな営業活動を展開してまいりました。

このような中、当社グループは、2018年度から2020年度までの中期経営計画の初年度として、「世界のお客様に選ばれるオンリーワンの生産設備システムインテグレータへ」をスローガンに掲げ、受注・生産・開発体制強化、既存事業の深耕と拡大、成長市場への進出、量産型ビジネスの確立と商品化に取り組んでまいります。

今期におきましても、引き続き、事業拡大が期待できる市場や分野への積極的な展開に加え、人件費や原材料費増加などが懸念される中で、コスト競争に対応すべく効率的な生産体制の構築など、グローバルな視点からの最適化と収益性の向上を図り、収益基盤の強化に努めてまいります。

なお、2019年3月期の連結売上高は950億円、営業利益は65億円、経常利益は64億、親会社株主に帰属する当期純利益は44億円を予想しております。

今後とも投資判断に必要な情報を適時・適切に開示するとともに、株主・投資家の皆様のご意見を真撃に受け止め、 長期的な企業価値の向上を目指してまいりますので、なお一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2018年6月

平田機工株式会社
代表取締役社長 平田 雄一郎